WAIPとは WAIP is WAIPno原理 ニューフェリー美咲 WAIP開発経緯 WAIP発明者_高橋義明 WAIP納品実績 WAIP_Agent 代理店 WAIP_Report 報告文WAIP注文・連絡

WAIPの原理
WAIPの原理は、よく知られた物理現象を利用している。
船底に穴をあけ、その穴に喫水上まで通じるパイプを設けると、船が静止状態のときは、船が浮かんでいる水面とこのパイプ内の水面は同一である。
この船を進行させると、このパイプ内の水面は下がることはよく知られている。
あるスピードまで船のスピードが上がると、パイプ内の水面は、船底まで達するようになる。
このとき、水面と空気面の間は速度差が生じる。
ここで、ケルビン−ヘルムホルツ不安定という、これもよく知られた物理現象によりこの境界面付近では、微細な空気泡が水流に巻きこまれる。
これが水中の船体(船底および船側)を覆うことにより、船体の摩擦抵抗は大きく低減される。
この方法全体をWAIP(Winged Air Induction Pipe)方式によるマイクロバブル発生装置としている。

この方法では喫水が深い場合は、船体速度によるパイプ内水面低下は限界があり、船底まで達せず、ケルビン−ヘルムホルツ不安定は発生しない。
パイプ内に低下した水面と船底(WAIPの開口部)までの水頭差分の圧縮空気を供給すると、パイプ内水面は船底に届き、ここがケルビン−ヘルムホルツ不安定となりマイクロバブルが供給される。
この方法を圧縮空気補助WAIP(WAIP with air compressor)と称している。
  
WAIPとは WAIP is WAIPno原理 ニューフェリー美咲 WAIP開発経緯 WAIP発明者_高橋義明 WAIP納品実績 WAIP_Agent 代理店 WAIP_Report 報告文WAIP注文・連絡
WAIP saves our Earth and your money